急に来るめまいは何のせい?疾患との意外な関係性

2018.02.05

急に来るめまいは何のせい?疾患との意外な関係性

皆さんの中でめまいを頻繁に起こすという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

目の前が急に不安定になり、体を真っ直ぐに保てなくなるめまいは一瞬でもびっくりします。頭に何か病気があるのではないかと不安にもなりますよね。

めまいの原因は実にさまざま。今回はめまいの基本情報とともに、めまいを引き起こす疾患についてまとめました。

めまいの種類

めまいを感じる女性

めまい(眩暈)は「くらくらと目が回るような症状」の総称です。めまいの感じ方でさらに大きく3つに分けられています。

以下に3タイプのめまいをご紹介しますが、これらは単独で現れることもあれば、複数のタイプのめまいが同時に起こることもあります。

回転性めまい

自分自身がぐるぐると回転するように感じるタイプのめまいは回転性めまいと呼ばれています。「天井がぐらぐらと回る感じがする」「目が回る」などと表現されます。

このめまいは平衡感覚をつかさどる耳(内耳)の三半規管に何かしらの異常が起きていることが多いですが、まれに脳の異常が原因になっていることもあります。

浮動性めまい

しっかりと地面に足がついているはずなのに、まるで雲の上にのっているかのようにふわふわとした感じがするめまいは浮動性めまいです。

「船に乗っているような感じがする」と言われることもあります。

このタイプは、脳の脳幹や小脳というところに原因がある可能性が高いめまいです。

脳幹では全身の自律神経や平衡感覚が、小脳では運動機能がコントロールされています。

これらの部分に異変が起きると平衡感覚に違和感がでたり、真っ直ぐ立てなくなったりするのです。

失神性発作(立ちくらみ、眼前暗黒感)

立ち上がった瞬間や、長時間立っているときに急に意識がなくなったり、頭部から血の気が引くような感覚を覚えたら、それは失神性発作と呼ばれるタイプのめまい。

単に「立ちくらみ」と呼ばれることもあります。

目の前が突然真っ暗になるような症状には「眼前暗黒感」という名前もついています。

「血の気が引くようだ」という感覚はこのタイプのめまいの特徴を正確に表しています。

失神性発作は、血圧が急に下がるなどしたことで、頭部をめぐる血液が一時的に不足することで起きるのです。

血圧を調節する機能が低い人や低血圧の人が突然立ち上がると、脳への血流が減少し、脳が酸欠状態になります。

意識を失ったり、クラクラとしためまいが生じることがありますが、これが立ちくらみと呼ばれる症状です。

めまいを引き起こす疾患

耳の検査

耳の疾患

メニエール病や突発性難聴などが原因で回転性めまいを感じることがあります。

この場合は耳が聞こえにくくなったり、または耳鳴りがしたりと、聴覚に関する他の異常が並行して現れる可能性があることを覚えておきましょう。

メニエール病

メニエール病は女性に多い、内耳に異常の起きる病気で、その原因ははっきりしていません。

強いめまいが30分から数時間続き、同時に難聴、耳鳴りや吐き気を感じます。

収まった後も不定期にめまいを繰り返すようになり、時間の経過とともに難聴が進行するため、早めに治療を始めることが大切です。

突発性難聴

突発性難聴は名前の通り、ある日突然耳が聞こえにくくなる病気です。難聴に加え、軽いめまいや耳鳴りが伴います。

こちらもはっきりとした原因が突き止められているわけではありませんが、過度のストレスや疲れが誘因になるともいわれています。

その他

他にも耳の中に腫瘍ができたり、炎症が起きることでもめまいは発症します。

多くは早期治療で治すことができる疾患ですので、めまいだけでなく耳に違和感を感じたら、耳鼻科などを早めに受診しましょう。

脳の疾患

特に浮動性めまいを覚えた時には脳に異変が起きている可能性があります。

この場合、めまいだけでなく同時に吐き気やマヒ、しびれの感覚があったり、ろれつが回らない、意識がはっきりしないなどの症状が出ます。

脳卒中や脳腫瘍といった、すぐに処置が必要な病気のサインかもしれません。

軽いめまいでも上記のような症状を伴う時は病院へ行きましょう。

起立性調節障害

子どもに多く見られる疾患でめまいを引き起こすものに起立性調節障害があります。

これは思春期に発症しやすい自律神経の機能不全です。めまいや失神のほか、頭痛や気分の不調を訴えます。

特に朝や午前中に調子が悪く、夜になると調子が良くなる傾向にあるため、起床が困難になるなど日常生活に支障をきたすことも多いです。

その他の原因

急に強いストレスにさらされたために血圧の急上昇・急降下し、めまいがあらわれることもあります。

過労や睡眠障害がめまいを誘発することもあります。

これらのめまいは自律神経を整え、ストレスのない生活を心がけることで減らすことができます。

ほかにも高血圧や不整脈、更年期障害などさまざまな要因がめまいの原因となりえます。

また、病気の治療で薬を飲んでいる場合は、その薬の成分が関与している可能性も考えられます。

まとめ

頭を抑える女性

以上のように、めまいの原因は千差万別。

めまいだけを感じるようなときは少し横になるなどして様子を見ましょう。

マヒや難聴などの症状が同時に現れた場合は、上記のようなの疾患の可能性がありますので、早めに病院へ相談してみてください。

理由なくめまいが起こることはありません。「クラクラする」と思ったら、自分の健康状態を今一度見直してみましょう。