逆流性食道炎とは?効果の期待できる生薬もご紹介

2018.05.11

胃が痛くてソファに横になる女性

みなさんは「逆流性食道炎」をご存知ですか?

名前の通り食道が炎症を起こしてしまう疾病ですが、最近は食生活の変化などが起きているためか、昔よりも増加傾向です。

最近、胸やけや胃もたれが治まらない…という方は、この逆流性食道炎を発症してしまっているかもしれません。

今回は逆流性食道炎について解説していきます。

逆流性食道炎の基本

指を指す女医さん

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、胃の内容物が食道へ逆流することにより、食道が炎症を起こしてしまう病気です。

胃液に含まれる「胃酸」は食べ物を溶かし分解する、非常に強い酸性の液体です。

触れた皮膚や筋肉を損傷させてしまうほどのものですが、胃はその表面に粘膜を分泌し、胃酸から胃を保護しています。

しかしながら、胃のすぐ上にある食道には酸への保護機能がほとんどなく、胃酸のようなものが触れると表面がただれたり、炎症を起こしてしまうことが多いのです。

主な原因は「胃の入り口のゆるみ」や「胃酸の過多」にあります。

胃の入り口(噴門)には筋肉があり、その筋肉が収縮することで胃の中身が食道へ戻らないようになっているのですが、加齢や食生活の悪化によってこの筋肉がゆるくなってしまうのです。

また、食べ過ぎやストレスで胃酸が増えると胃の内容物が逆流しやすくなってしまいます。

逆流性食道炎は胃食道逆流症の一種

胃の内容物が食道に逆流する疾病は大きくまとめて「胃食道逆流症(GERD:Gastro Esophageal Reflux Disease)」と呼ばれます。

胃食道逆流症のうち、食道にただれや炎症が起きている状態のものを「逆流性食道炎」と言いますが、逆流が起きていても食道にただれや炎症が見られないようなものは「非びらん性胃食道逆流症(NERD:Non-Erosive Reflux Disease)」といって区別されています。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の主な症状は胸やけと呑酸(どんさん)です。

みぞおちのあたりにチリチリと焼けつくような痛みを感じたり、胃の中身が喉のあたりまで上がってくる感じをたびたび経験します。

逆流性食道炎の治療

多くは生活習慣の指導と胃薬による投薬治療が行われます。

食べ過ぎや飲み過ぎ、肥満などを改善し、胃酸を抑える薬などで炎症が治まるのを待ちます。

食道炎はすぐに治るものではなく、時間をかけてじっくりと向き合っていかなくてはいけません。

最近では、病院でも漢方薬の胃腸薬を試す人もいるようです。

毎日飲むものなので天然由来の漢方薬を使いたいと考えるのは自然なことかもしれませんね。

家庭のスパイスとしてメジャーな生薬3つ

生薬
「丁子(ちょうじ)」「桂皮(けいひ)」「茴香(ういきょう)」を紹介していきます。

丁子

丁子はスパイスでいう「クローブ」と同じものです

丁子の原産国はインドネシアですが、日本でも古くから知られています。

柿蒂湯(していとう)といって気が上に逆流して起こるしゃっくりに使われる漢方薬にも配合されています。

フトモモ科のチョウジノキにつく花のつぼみを開花前に採取し、乾燥させて作られます。

特徴的な香りがあり、生薬として使われる際には健胃や駆風(胃腸にたまったガスを排出させること)などの効果が期待されます。

また、丁子に含まれる「オイゲノール」という成分には鎮痛や鎮痙効果があると言われており、胃腸薬にはぴったりの生薬であるといえます。

桂皮

有名な生薬で、だれもがご存知の「シナモン」ですね。

桂皮はクスノキ科に属するトンキンニッケイやその仲間の樹皮を乾燥させたものです。

京都土産の定番・八つ橋に使われる「ニッキ」もニッケイの仲間(シナニッケイ)から作られています。

生薬としては健胃・駆風・成長の効果があり、胃腸を整える漢方にはよく配合されています。

また体を温める作用もあるため、風邪に効果のある漢方薬にもたびたび登場します。

茴香

スパイスでは、「フェンネル」と呼ばれています。

茴香はセリ科の植物であるウイキョウの実のことをいいます。

清涼感のある独特の香りがあり、古くから健胃や解毒の目的でも使用されてきました。

生薬として使われる際には健胃や整腸、鎮痛などの効果が期待されます。「安中散」という有名な漢方薬にも含まれています。

安中散は胃痛や胃もたれなどに効果がある有名な漢方薬で、一般的に市販されている胃薬は安中散をベースにつくられているものが多いです。

まとめ

逆流性食道炎にお悩みの方はまずは、医療機関を受診することをおすすめします。
今回ご紹介したスパイスは実際に胃腸のための漢方薬やサプリメントに使われていることが多いです。
日頃の食事や生活にとりいれても良いと思います。

イツラック

イツラック