あの嫌な水虫をストップ! 治し方や予防とは?

2018.09.03

水虫

じゅくじゅくとしたかゆい嫌な水虫で困っている方は、いないでしょうか?

水虫は、白癬菌というカビの一種が影響しています。

よく足の裏などにできると思われがちですが、体の様々な部分、頭などにも皮膚に入り込んで感染することがあります。

小さな水ぶくれのようなものが、白癬菌によって多くでき目立ちますので水虫と呼ばれているのです。

また一般的に男性がなるのではないかと思われがちですが、女性でも最近は水虫に悩まされているという方が増加しています。

約5人に1人の日本人が水虫だと言われているほどなのです。

そして水虫の場合には、知らない間に感染してしまい、また逆に感染させているということが多いのです。

しかし水虫になる原因やその症状を理解することで症状などの悪化を防ぐことが可能です。

では、そのような厄介な水虫についての原因と症状、その治療法や予防法などについてご説明します

水虫の原因とは

水虫

水虫の恐ろしいところは、感染していても初期の段階では本人に自覚症状がないということです。

そのために感染が広がっていくということが多いのですが、水虫の原因については、次のようなことが影響しています。

水虫に感染している人との二次接触が原因

プールや温泉、またジムなどの脱衣所の床や通路、また様々な場所のスリッパ、居酒屋の畳や病院の体重計など足などに白癬菌が付着する機会というのは、かなり多いのです。

特に水虫に感染している方が使用したスリッパマットなどに触れると水虫に感染するということがあります。

ご家庭でも濡れたバスマットなどを介することで知らない間に家族から感染しているということが起きています。

高温多湿の環境による菌の繁殖が原因

通気性が悪いパンプスや革靴、また長靴やブーツなどの中は、どうしても高温で多湿な環境となりやすいものです。

そのために白癬菌が繁殖しやすいのです。

仕事の関係などで、革靴やパンプス、ブーツなどを1日中履いていると足が蒸れるために水虫に罹りやすくなります。

特に最近では、女性に患者が多くなり水虫に悩まされているという方が増えています。

ペットとのスキンシップからの感染が原因

猫や犬などの動物の毛を好み寄生する白癬菌がいます。

そのような白癬菌から水虫になっているペットを抱いたりすることで人間も水虫になることがあります。

特にペットなどを抱いた場合に触れやすい首や顔、腕などに感染すると強い赤みやかゆみなどが出ます。

水虫になりやすい季節が原因

日本では、梅雨や夏頃の高温多湿になる季節に水虫に感染する場合がほとんどです。

一般的に足などの皮膚に水虫が単に付着したというだけでは感染しても広がることはなく症状も出にくいのです。

しかし湿度が70%以上で気温が15℃以上になると増殖しやすいので感染して症状が出るという場合が多くなります。

水虫の症状には

水虫

水虫は、カビの一種である白癬菌が関係しています。

白癬菌が皮膚に付着すると傷ついている角質などから菌が入り繁殖することで炎症が起きるものです。

一般的に最も水虫が多く見られるのは、足の部分で9割以上となります。また
股や手、その他の体など数は少なくなりますが水虫に感染します。

足の水虫の症状では

次の4種類の水虫が足にはみられます。

小水疱は、すいほう型と呼ばれ足の側面や裏などに水ぶくれができるものです。

また趾間は、しかん型と言い足の指や足のまたにできるものでかゆみが出ます。
角質増殖型では、かかとの部分がひび割れ硬くなる症状が出ます。

爪白癬は、つめはくせん型といって爪の部分が白っぽくなります。

特に高齢者に角質増殖型や爪白癬型が多くなる傾向にあります。

小水疱型の症状では

いくつも小さな水疱ができる小水疱型では、赤い水疱が足の指の付け根や土ふまずなどの部分にできるものです。

激しいかゆみがありますが、水泡があまり目立たず薄い皮状になってむけるというだけの場合もあります。

主に足の裏や足の側面部分などの毛のない場所に現れます。

かいたりすることで水ぶくれが破れ汁である浸出液が出でますが、この液には白癬菌がいませんので、触れたとしても感染するということはありません。

趾間型の症状では

趾間型では、足の指の間などのかゆみがひどくなり赤くなってきます

特に足の指では、小指と薬指との間などが赤く腫れる場合があります。

皮膚は、白くふやけたようになりジュクジュクとした状態で赤くただれて強いかゆみがありますが、水虫の中でも一番多い症状となります。

角質増殖型の症状では

足の裏全体やかかとの角質部分が厚くなり、硬くなってガサガサしひび割れなどを起こす症状です。

水ぶくれやかゆみなどがないので、水虫だと気づかずに治療が遅れることが多いものです。

こすることで皮がむけ、ひび割れがあかぎれのようにできてはがれた角質などが床などに落ちます。

皮膚が床などに落ちるとその部分には、白癬菌がいますのでそこから感染する可能性が高く注意が必要となります。

爪水虫の症状では

光沢が爪の表面になくなり、爪の先なども厚くなって黄白色に濁ってくるのが、爪水虫の症状です。

厚く白濁した爪は、質としてももろくなりますし他の部分の爪に感染して治りにくくなる水虫です。

足の爪に足の水虫などをきちんと治療しないと白癬菌がうつることで悪化していきます。

また神経が爪にはないので、痛みやかゆみといった症状も出ませんので他の部位に感染させてしまうということが多くなります。

体にできる水虫の症状では

目に白癬菌は、見えないので感染した場合でも症状が出てこないとなかなか気が付かないものです。

そのような水虫は、足だけでなく体の様々な部分にも感染して症状が出ます。そのような体にできた水虫の症状についてご説明します。

頭部白癬の症状では

毛髪や頭皮の毛穴などに白癬菌が感染することで脱毛や頭皮の炎症などを起こします。

毛が抜ける頭部白癬は、しらくもとも呼ばれます。かゆみがありませんので、気づきにくい場合があります。

頭部に水虫が繁殖するもので、丸く頭部に脱毛斑ができたり赤く毛穴が腫れ上がったりします

白癬菌に感染している毛を引っ張るとするっと抵抗なく毛が抜け落ちます。

股部白癬の症状では

赤い弓状の隆起が股間にでき激しいかゆみが起こります。

これは、繁殖した白癬菌が股の汗が溜まりやすい部分に感染したものでいんきんたむしとも呼ばれます。

特に男性に感染が多いものです。

体部白癬の症状では

赤い輪が、体中に広がる白癬菌の感染症でぜにたむしとも呼ばれます。

手の甲や足の甲、顔や体幹部分などのあらゆる場所に繁殖します。

初期では、赤いブツブツが虫さされのようにでき、その後に赤い輪の状態になって広がっていきます。

激しいかゆみをともなうものです。

水虫の治療法とは

水虫 治療

水虫の症状があるようでしたら、できる限り早めに治療をする必要があります。

水虫の種類や症状によって治療方法も変わるがあります。

次のような方法がありますのでご自分の症状にあわせて対応してください。

薬で治療する方法とは

水虫には、いろいろな症状があるのでそれに適した薬を使用することが重要です。

一般的に使用されるものとしては、抗真菌薬というカビを抑える働きが期待できる薬です。

外用薬の塗り薬と内用できる飲み薬があり、市販薬としても様々な薬を比較的手軽に購入できます。

市販薬で治療するには

外用薬のみとなりますが、市販薬の水虫治療薬では皮膚保護用や浸透性のあるものがあり使用感もかなり違ってきます。

<液体やゲル、ジェルタイプ>
液体やゲル、ジェルタイプのものは、浸透性が高く使用感も優れています。

しかしアルコールが成分に含まれているので、患部が乾燥しすぎることがありかえって悪化するという場合もありますので、注意してください。

このタイプは比較的症状が軽いかゆみだけという症状の水虫に適しています

<軟膏タイプ>
患部がジュクジュクしてひび割れなどがある場合には、症状がひどい状態となっていますがそのような重めの水虫などに適しています

軟膏の場合は、使用感としてはベタベタとしますので使用した感じは、あまりよくありません。

しかしかぶれにくく皮膚の保護性としては高いものです。

<クリームタイプ>
皮膚の保護性が高い軟膏状のものと浸透性が高い液体のものがありますがそのどちらの利点も合わせ持っている万能タイプとなります。

病院で治療として処方される場合に多い形状のものです。

<スプレータイプ>

使用する場合に患部に直接触れる必要がないので、使用する場合も快適です。

医療機関で治療するには

症状によっては、市販薬だけでは対応できず医療機関での治療が必要な場合があります。

次のような症状の時には、医療機関でしっかりと治療を受けましょう。

水虫なのか他の病気なのかが判断ができないような症状の時には、医療機関で判断をしてもらわないと返って症状が悪化する場合があります。

以下のような場合は市販薬ではなく、きちんと治療を受けましょう。

アレルギー体質や持病がある方、また妊娠中の方の場合やさらに患部の炎症がひどく化膿してウミなどが出ていたり亀裂がひどいという場合です

また爪白癬の場合には、市販薬での治療は無理です。

治療中に注意することは

水虫の治療などでは、治療薬を使用するのと同様に自宅などで注意するセルフケアという面が重要となります。

次のような点をしっかりと対処してください。

<治療などを勝手に中断しない>
水虫は、再発率がかなり高くなります。

そのために治療薬を使用して症状が良くなってきたからといって、自分の勝手な判断で治療を止めるのは危険です。

白癬菌は、足などの角質の奥深くに入り込んでいます。

そのために菌が完全に死滅するには、皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーに必要な期間があります。

その期間としては、少なくとも1ヶ月から2ヶ月は、必要ですので根気よく治療をしてください。

<清潔に患部を保つ>
白癬菌が、付着した場合でもその菌が増殖するのに24時間ほど必要となります。

その前に石鹸などで足の指の間などをしっかりと洗うと周りに広がりにくくなります。

ただ軽石などで強く洗いすぎると角質が傷ついてしまいかえって悪化しますので注意してください。

<患部を乾燥させる>
白癬菌は、足などが蒸れた環境になっているとどうしても繁殖しますので、通気性の良い靴などを履くようにしてください。

革性の靴やブーツなどの通気性の悪い靴やタイツやストッキングなどを長時間使用しているとかなり悪化します。

さらに風呂場や脱衣場、バスマットなどの裸足で歩く場所や使用する物などは、換気をよくしたり乾燥をするようにしてください

水虫の予防法とは

水虫 予防法

水虫は、日常生活のちょっとした方法で予防できる場合があります。

治療中の注意事項と似た部分がありますが、次のような方法でぜひ予防してください。

清潔や乾燥を心がける

特に水虫になりやすい足などは、家に帰ったら洗うという習慣を身につけましょう

洗い方としては、石けんなどで足の指の間までよく洗ってください。

24時間以内であれば、白癬菌は洗い流すことができれば死滅します。そして足をいつも清潔に保つために、毎日靴下を履き替えることも重要です。

さらに足をできるだけよく乾燥させるようにしてください。

靴などを交換して履く

靴は、窮屈なものは避けてできるだけ通気性の良いものを履きましょう。

湿って温かい環境を白癬菌は好みますので、湿度70%以上や温度が26℃前後になる状況をつくらないようにしてください。

靴は、一足を履き続けるというのではなく交互に何足かを履き廻すようにしましょう
できれば、通勤する時の靴と職場用などを分けるといいでしょうね。

そして革靴などは、陰干しして湿気を除くようにしてください。

家族などからの感染を防ぐ

家族で水虫に感染している方がいる場合には、どうしても白癬菌に感染した皮膚などが剥げ落ちてしまいます。

そのために菌が様々な場所で増殖し家族などに感染する場合が多いのです。

できるだけ掃除をこまめにして部屋の床のちりやゴミ、またホコリなどを取り除いてください。

また特にスリッパやバスマットなどからの感染が、考えられますのでできればバスマットやボディタオルなども別のものを使用した方がいいですね。

そしてバスタオルや爪切りなども別の物を使用することをおすすめします。

まとめ

初期段階では水虫は、あまり自覚症状がありませんので感染しやすい病気です。
しかし毎日の生活習慣などを改善することで十分に予防をすることができます。

ご自分の生活習慣について一度チェックしてみてください。

そして上述した内容を参考にして普段から水虫を予防することで感染の心配は少なくなります。

ただ水虫になった場合には、早めに対処し悪化するのを防ぐためにもぜひ皮膚科を受診し適切な治療を受けてください。